決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

マイナンバー 本人確認書類の疑問

time 2016/11/08

マイナンバー 本人確認書類の疑問

年末調整に向けて、マイナンバーの確認作業が大変です。

一般的には、通知カード(番号確認)+身分証明書(実存確認)となるわけですが、身分証明書でふと疑問が湧いてきました。

通知カードには、マイナンバー、氏名(ふりがななし)、住所、生年月日、性別が書いてあります。

運転免許証には氏名(ふりがななし)、生年月日、住所、写真が載っています。
%e9%81%8b%e8%bb%a2%e5%85%8d%e8%a8%b1%e8%a8%bc

パスポートは氏名(ローマ字表記)、生年月日、性別、写真、サイン(漢字とは限らない)が載っています。
passport

例えば、マイナンバーを通知カードと運転免許証で知らせてきた場合、この2つの書類で完全に一致するのは、氏名(漢字表記)、生年月日、住所の3つです。

しかし、マイナンバーを通知カードとパスポート(ローマ字のサイン)で知らせてきた場合、この2つの書類で完全に一致するのは生年月日と性別のみです。

もちろん、これでこの2つの書類は、同一人のものということになります。
確認事務作業を普段その本人に会わない人が行った場合でも、本人確認をしたとしてOKです。

OKなんですけどね・・・、ちょっと疑問に思ったしだいです。


パスポートって身分証明書ですが、一般的に確認できる情報は少ない書類なんですね。



おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント