決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

入りと出、残り

会計恒等式には、2つの側面があります。
色分けしてみます。

ストック
これは「残り」に注目した色付けです。

そして、「流れ」に注目すると
フロー
こうなります。

「残り」とか「流れ」ではなんかピンとこないかもしれませんね。
「流れ」は「なぜ、どうして」、「残り」は「こうなった」
の方が分かりやすいかもしれません。

ストック&フロー

この「残り」と「流れ」、英語では「ストック&フロー」といいます。
フローだからではないですが、お財布を風呂に、お金の流れを水にたとえてみましょう。

<最初はこうだった>
昨日の残り湯が100(円)、
前繰

<こういう理由で>
今日、1000(円)入れて、900(円)出したので、
フロー3

<結果、こうなった>
残りは200(円)。
次繰

これを表しているのが、会計恒等式です。
さいふ

今回の例は、1日分です。
これが積み重なって、月単位、年単位となっていきます。

>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

★ 社長のための簿記・会計

MG(MQ戦略ゲーム)

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。