今年もあとわずかです


(日比谷界隈)

今年も残すところ1週間ほど。
今日は平成最後のクリスマスですね。

間もなく今年の総決算。
私は個人事業なので、年で締めます。
ほぼ年内業務も終わり、計算もだいたいまとまってきました。
なので、今年をじっくり振り返っています。

決算書なんか見るのもイヤだ、という方も多いかもしれません。
ですが1年を振り返るのは大事です。
特に数字で見ることは、良くも悪くも現実を表します。
それをまずは素直に受け止めて、次に進みましょう。

会計の数字は

会計の数字は「金額」で表されます。

いくら売り上げがあったか。
いくら利益が出たか。
いくら経費がかかったか。
お金はいくらあるか。
借り入れはいくら残っているか。

金額はそのまま、現実を表し、それ以下でもそれ以上でもありません。
まずは素直に数字(金額)を見るということは大切です。

比べてみる

そして次は比較です。
比べることも大切です。

比べ方は2つ。
まず自分の過去との比較です。

おもに前年と比べてどうだったか、でしょう。
ここで比べ方には2通りあります。

金額、つまり増減で比べる方法。
そして割合、比率で比べる方法です。
比べる時はぜひ金額で比べてほしいと思います。

以前、こんな(笑い)話がありました。

「社長!交際費が昨年に比べて300%になっています!」
「なにっ!いったい今年の交際費はいくらだったんだ!」
「えっと・・昨年が5万円で、今年は15万円です・・・」
「なんだ・・・10万円増えただけなんだな・・・」

次は他者との比較です。

ただ、他者との比較はさして重要ではありません。
自分の数字が納得できるものであるなら、他者はあまり関係ないからです。

金額だけでなく

他者と比較する、つまり外を見る時のポイントは2つです。

自分が「井の中の蛙」になっていないか。
「井の中の蛙」もまずいですが、知らない間に「ゆでガエル」になってしまわないように。
ここはシビアに見ましょう。

他者から参考にできることがあれば、取り入れる。
参考にならないことはやらない、まねをしない、ですね。

ちょっと前後しますが、会計は基本的に金額しか表しません。
しかし、金額になるためにはその中に必ず「数量」が隠れています。
ただ、財務会計や管理会計では、数量の情報は得られません。

売上高にを出すためには、売った商品の数、お客様の数が隠れています。
人件費3億円は、3人の人件費なのか、100人分なのか。

また金額に表せない情報は、会計には現れてきません。
部長と課長の関係が悪いとか、ものすごい量の顧客情報はあるとか。

これらはあるタイミングで金額に変わるんですが、変わるまでは見えにくいです。
それが利益になっても、損になっても。
この兆しを先回りして掴めるか、結構大事だと思っています。

「数量」という視点、「先を見る」という視点で、私はMQ会計の考え方を伝えています。
定期的にお話していますので、興味を持たれた方はぜひ。

ーーー

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ