今年の10月11日は、平日です

カレンダーを確認しておきましょう。

印刷されている多くのカレンダーは、2021年の10月11日は祝日になっています。
スポーツの日です。

でも、オリンピックが開催されたことで、スポーツの日と、山の日、海の日がズレました。
そのため、来週の月曜日は「平日」になります。

税金絡みでは、毎月10日は重要な日になります。
・源泉所得税の納付期限
・特別徴収分の住民税の納付期限
となります。

税金などの支払期限は、その日が休日(金融機関がお休みの日)の場合、後ろへズレることになっています。
10月10日は日曜日なので、その次の平日に期限がズレます。

ところが、印刷されたカレンダーを見ると、10月11日は赤くなっている。
「月曜日も休みだから、休み明けの火曜日(10月12日)に納付しよう」
では、期限が過ぎてしまいます。

おそらく多くの方は「10月11日は平日」、と認識しているとは思いますが、パッと見たものを無意識に認識してしまうことは、意外にあります。
注意が必要ですね。

私はこうやって、赤い字を黒い字にしています。

ーーー