決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

税金は払いたくないが、節税する前に考えておきたいこと(その2)

time 2018/09/14

BMW、かっこいい!
といっても副社長、くれないよな〜(笑)

利益が出たら税金

利益が出ると、税金がかかります。
せっかく努力して儲けたのに、税金で持っていかれるのはな〜

利益が出ると必ず「なんかいい節税方法はない?」と聞かれます。
この「いい節税方法」の意味は、だいたい「税金だけ」が減る方法を意味しています。

無いことはないのかもしれませんが、結構ひねり技だったりです。
そういうノウハウのご提供には、当然高いご請求。
やはり「税金だけ」が減るのは難しいです。

ですので、私のこの手の質問に対する回答はほぼこれです。
「一度会社の中を見回してみてください」

意外に手を付けていない、あんなこと、こんなこと

会社の中を見回して、何も気づかない社長ではちょっと困りますね。
中小企業では「た~くさん」やっていないこと、放置されていることがあります。

・従業員の給料、十分払えていますか?
・福利厚生、社員教育研修、充実できていますか?
・備品や設備、適切に更新できていますか?

など、見回せば1つや2つ、気づくことがあると思います。
利益が出たら、お金ができたら、もうちょっと余裕ができたら。
そういって先延ばしや、避けてきたことありませんか?

こういう部分を整備するだけでも、手間やお金はかかります。
でもこれは利益やお金のある今ならできます。
そしてこれらに使うお金は、将来活きてくるはずです。

また、今売れている商品、5年後どうですか?
利益やお金があるときこそ、将来の利益への研究開発、教育、広告ができます。
無駄遣いをしなくても、税金を減らす方法はあります。

でも、利益は出ているけど、お金がないんだよね・・・

税金を払うのはお金を残し、産み出すため

無駄遣いでも、会社の経費でも、払えばお金は減ります。
本当は将来の利益のために、お金を使いたいという社長も多いです。
ただ、現実問題としてはお金がないことは多いです。

こういう場合は、お金使う前に税金を払いましょう。
実はこれがお金を残し、産み出すことに繋がります。

どんな形であれ、経費や設備投資をすればお金が出ていきます。
税金は利益の3割ほどですから、経費などを使わなければ利益の7割相当のお金は残るはずです。

また、利益が出て、税金を払うと融資が受けやすくなります。
しかも金融機関は(手持ちの)お金がある会社に貸したがります。
今回、最大で利益の7割相当のお金は積み増せるはずです。
次の融資につなげ、経費や設備投資にそのお金を回していきます。

そういう意味で、お金を残すという選択肢も大事なものになってくるのです。

利益が出ているなら、こういう視点で「じっくり」考えてみてください。

税金は払いたくないが、節税する前に考えておきたいこと

https://www.tt-tax.net/before-setsuzei-taisaku

ーーー

【編集後記】

機能はブラウザーのブックマークを整理。
700ぐらいのブックマークが150ぐらいに。ずいぶん整理できましたがまだまだかな。
重複しているものもありましたが、ブログ、HP系で閉鎖、放置状態になっているものも多く見受けられました。
そうならないように、がんばろー。

決算書なんて経営の役に立たない