古いフィルムカメラで撮ってみた(Canon Demi)

ひょんなことからCanon Demiというカメラが手元に来ました。

■ ■ 発売中 ■ ■
決算書のつくり方
kindle版 

なぜ社長は決算書に興味がないのか?
Kindle版

Canon Demi

1963年発売、還暦を過ぎたカメラです。
ずっと使っていなかったものです。


(フタを開けると、年季を感じます)


(絞りの羽根は動きました)

少し見てみると、いちおう動きそうです。
修理店に出すほどではない感じだったので、ちょっと手入れしてみました。

フィルムカメラはアナログ、いわゆる「機械」です。
電子部品はほとんどありません。乾電池等も使われていません。
なので、メカ的に動けば、使用可能です。

プチ修理をして、撮影してみました

汚れを拭き、掃除をしてみました。

(サビとかモルトが粉化してました)




(フィルムカウンターが見えるようになりました)

また、時間が経って劣化していたモルト(スポンジクッション)をネットで購入し貼り替えました。




(いやぁ、便利な世の中です)

またこの時期のカメラには、自動露出計が内蔵されていました。
光に反応して、適正露出を示してくれるというものです。

(このガラスタイルのようなところが受光部です)

その露出計は、セレン光電池というもので動いています。
電卓なんかに付いてる太陽電池のようなものです。

この手のカメラは、この露出計がダメになっているケースが多いです。
このカメラのは光には反応しましたので、大丈夫なようです。
ただ、示した露出が合っているかは分かりませんが。

あとはレンズに、カビや曇りが出ていることがあります。
これは私には分かりませんので、いちおう拭き掃除をして、あとは撮った写真を見てみることにします。

ということで、いざ撮影。

Canon Demi、ハーフカメラというものでした。
1枚のネガに半分のサイズで2枚写す、というものです。
ヨコ長の1枚ではなく、タテ長が2枚になるわけです。

今回そこがよくわかっていませんでした。

現像してみて、あちゃーと思いましたが、それはそれでご愛嬌。
いちおう露出計の指示に従いつつも、自分の感覚露出計も使って、撮ってみました。
光の強い晴天の日は、ちょっと白く飛んじゃってましたが、慣れれば行けそうです。
レンズの曇りもほぼなく、味わい深い写真になっていました。

味わい深きフィルム写真

写真を撮るときには
・そもそも写っていなかった(レンズキャップの取り忘れとか)
・ピントが合っていなかった
・真っ黒だったり、白飛びしちゃってた
などなど、いろいろなトラブルがあったりします。

デジタルカメラなら、その場でモニター(確認)することができます。
そして、状況によっては撮り直しができます。

一方で、フィルム写真の弱点でもあり楽しみ。
それは「現像するまで結果がわからない」というところです。

せっかくの絶景やシャッターチャンスだったのに、全く写っていなかった。
なんてこともあったりします。

仕事の写真だったら、真っ青です。

(でも、以前はそれがデフォルトでした)

ただ、趣味だといくらか気がラクです。
多少色やピントがズレていても、それはそれで。
写っていなかった・・は残念ですが、それもご愛嬌。
と思えるぐらい力を抜いていたいものです。

まだまだ現役で行けそうですので、特徴を活かして、撮ってみようと思います。


ーーー