戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

資本金ってなんだろう?

time 2016/09/29

会社を作るときに必要な資本金。

たとえば資本金1000万円の会社をつくる場合、1000万円の元手が必要です。
お金を1000万円用意して、銀行にいったん置いておきます。

法務局で手続きが終わると、そのお金は会社のお金として使えるようになり、商売が始まります。
そして商売が始まったとたん、資本金はなくなります。

資本金として用意したお金は、機械を買い、人を雇い、材料を仕入れ・・と次々と形を変えていきます。会社の中に溶け込む、といった感じです。

「ここに「資本金」1000万円って書いてあるけど、そのお金はどこにあるの?」

こんな質問が出ることがあります。

専門家は一生懸命説明しますが、だいたい説明できません。
資本金も、そしてこの資本の部というものも、会社が始まるとそれ自体は単なる差額でしかありません。
特別な意味を持ちません。

そして資本金はあえていうなら、会社の誕生の記録です。
「産まれた時、3000gだったんですよ〜」
そんな感じでしょうね。

%e6%af%8d%e5%ad%90%e6%89%8b%e5%b8%b3

私は産まれたとき、2500g未満の未熟児でした。
でも鳴き声が大きく元気だったそうで、保育器ではなく、普通の子と一緒だったそうです。
健康に産んでくれたお母さんに感謝です。

今の体格から、誰も未熟児だったと信じてくれませんが・・(笑)

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。