戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

結局、信頼度で決まるんでしょうね(キャッシュレス)

time 2019/04/23

10連休に備えて、現金をおろしておく方も多いと思います。
キャッシュレスが進みつつありますが、やはりまだ現金はナシにはできない。
やっぱり現金で持っていたほうが安心、なのかもしれません。

紙幣は精巧な印刷がされているとはいえ、所詮紙切れです。
失くしたり、燃えてしまえばその価値はゼロです。
いくら今まで自分のモノだったとしても、それまでです。

Suicaなどのプリペイドカードや、スマホにある決済手段は単なるデジタル記録です。
カードが折れたり、スマホが壊れると、記録が飛ぶ可能性があります。
ただ、その記録データが端末以外にもある場合、IDや本人確認により、復元できる場合もあります。

一方で現金派の方の意見を聞けば、実態のなさ感がキャッシュレスを妨げているといいます。
また、デジタルは基本的にすべて記録されますし、すべてトレース可能です。
それが気持ち悪いという人も、少なからずいます。
確かに、紙幣の上に「近くのオススメの蕎麦屋さん」は表示されませんし。

通貨であれ、デジタルデータであれ、どちらも信用の上に成り立っていることには変わりありません。
いわゆる電子決済は、まだ開発途上でもあるため、通貨に比べれば信用度はまだ低いのでしょう。
でも、これも慣れの問題でしょう。

私の場合は、キャッシュが使えないところを除いて、キャッシュレスです。
キャッシュレスでの支払いができないところは、少しずつ利用しなくなっています。
なので、自分はどんどんキャッシュレス化が進んでいます。

「オススメの蕎麦屋さん」が表示されたところで、それを使うかどうかは自分で決めればいいです。
デジタルだけでなく、自分の皮膚感覚や感性も大切にしていきたいです。

タバコの煙も苦手なので、禁煙、分煙のお店を選ぶようになっています。
意識していないようでも、実は自分に合う方向へ選別しています。

変わっていないようでも、日々変化しているんですね。
もちろん、意識して変えている部分もありますが。

ーーー

■ 6/6 戦略MQ会計セミナー(基本編)
■ 6/21 Excel活用セミナー(基本編)
■ 7/4 戦略MQ会計セミナー(基本編)

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。