防災用品の定期チェック(食料以外も)

定期チェック

災害などには、できるだけ遭遇したくないものです。
でも、日本は地震が多い国でもありますし、近年は豪雨や豪雪などの災害もあります。

何かあったとき、備えがあると安心です。
安心感をより確実にするために、防災グッズは、定期的にチェックしたいものです。

食料などはだいたい5年程度持ちます。
今回、期限が切れたものは試食に回し、新しいものと入れ替えました。

最近は単に空腹を満たすだけでなく、味も良くなってきています。
ありがたいことです。

電気は必須

通信手段と情報も、災害時には欠かせません。
スマホの充電、ラジオや懐中電灯の用意も必須です。

手回し充電のできるラジオが2つあったのですが、今回、電池ボックスを開けてみました。
1つはカラだったのですが、もう1つには電池が入っていました。

冒頭の写真の通り、電池と端子がダメになっていました。
その結果、1台のラジオは処分することに。

ちゃんと開けたりして見ないとダメですね。

充電できない

もう1つ、見落としそうになったモノに、今回気づきました。
それは、充電ケーブル。

持っていた2つの充電ラジオにつなげるケーブルは、「携帯電話」のモノでした。

今やスマホの時代。
これでは充電ができませんので、コードは処分しました。

いやいや、持っているだけで安心してはダメですね。
避難訓練と同じで、実際にそれを使ってみる。
そこで不具合があれば、修正する。

大事なことですね。

ーーー