戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

必要がなくなったら処分する

time 2019/05/17

必要がなくなったら、処分しましょう。捨てましょう。

まだ使える

先日、事務所のコピー機を処分しました。
コピー機会社にお願いして、引取処分をしてもらいました。
処分手数料は21600円。

6年使いました。まだ十分使えると思います。
ADF(自動原稿送り装置)が壊れたこともきっかけになりました。

「修理すればいいじゃない」
「複合機ないと不便じゃないの?」

あれば便利だと思います。
もちろん修理すれば、まだ使えます。

ただ、以前に比べその必要性はなくなってきていましたので、処分です。

プリンターはあります

プリンターはあります。
印刷は減らしていますが、ゼロにはならないです。

そのプリンターは、コピーもスキャンもできます。
FAXもできますが、FAXは廃止してしまいましたので使っていません。

コピーやスキャンもあまり使わなくなりました。
写メでも十分内容が読み取れますし、スキャン用のアプリもあります。

私はEvernoteと連携できる「Scannable」を使っています。
これで十分です。
https://evernote.com/intl/jp/products/scannable

プリンターは今のところ、必要です。

■ 6/6 戦略MQ会計セミナー(基本編)
■ 6/21 Excel活用セミナー(基本編)
■ 7/4 戦略MQ会計セミナー(基本編)

空いたスペースに物を置かない!

複合機がなくなると、1平米ほどスペースが生まれます。
ありがちなのが、家具類を処分すると、ほかのものを置いてしまうこと。
うちのかみさんの得意技です。

スッキリしたと思っていると、いつの間にかそこを埋めるように物が置かれています。
かみさんは事務所には来ませんので、ここは大丈夫ですが(笑)

今はスチール机と、スチール棚の処分をもくろんでいます。

独立当初は、必要と思って買ったもの、やったことはたくさんあります。
その時は良かれと思ってやっていますので、それはそれで良しです。

大事なのは、常に見直すことだと思います。
慣れきってしまわないことです。

必要がなくなったら処分する、やめる。
また必要になったら、やればいいです。

だいぶ断舎離してきていますので、事務所が少しずつ広くなっていきます。
そうすると事務所もいらなくなるかもですね。

カフェやコワーキングも魅力的で、たまに使います。
自宅でやるのも、たまにはいいです。

でも私の場合、一人になれる事務所(的な遮断スペース)はマストアイテムです。
場所や規模は変えるにしても、事務所はなくならないかと思います。

ーーー

【編集後記】

最近風邪が流行っているようで、私もここ数日すぐれません。
体調管理をしっかりするために、おいしいものでも食べに行こうかな〜。

決算書なんて経営の役に立たない

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。