税金は気になるが、税金に左右されない意識を持ちたい

ほんとうに消費税の軽減税率、やめてほしいです。

景気が減速気味のようです。
新型肺炎もこれから影響を与えるでしょうが、日本の場合、消費増税の影響は大きいようです。

消費税が増税されてから、どうやったら節税、節約できるか、いろいろ話題となりました。
同じものを買うのなら、安い方がいいかも知れません。

でも、行動が税金に左右されるのは、いかがなものかと思います。

よくネタ的に取り扱われる、食料品・清涼飲料水と医薬部外品。
オロナミンCとリポビタンD とか、
のど飴(キャンデー)と浅田飴 とか。

食料品・清涼飲料水なら消費税は軽減税率で8%、医薬部外品なら10%。
本体価格が仮に同じだったら、税率の差で安い方を買いますか?

自分が必要な効果・効能なりが得られなければ、税率が低い方を買っても意味がありません。
本末転倒です。

最近聞いた話では、お歳暮などの贈答品。
食品なら8%だけど、物やお酒だと10%。

お酒が好きな方に、ハムを贈りますか?
それって気持ちがこもっているんでしょうか?

新聞も電子版(アプリ)なら10%、宅配のものなら8%です。

こんなところでケチって(節約?して)、トクしているんでしょうか?
他のところで、もっと損していないでしょうか?

新聞を取らなければ、4000円近くが浮きます。

値段が高いか安いかより、税率が高いか低いかより、必要かそうでないか。
まず、この判断をしっかりしたいものです。

税金は確かに気になります。
ただ、自分の行動が、税金に左右されたくはありませんよね。

ーーー

MQ会計セミナーのお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
MQってなに? PQ? VQ?
会計のセミナーですが、難しい会計用語は使いません。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ