適切ではないが、違法ではない

なんか、言葉遊びのようにも聞こえますが・・・

適切ではないが、違法ではない

最近、このような趣旨の言葉をよく聞きます。
特にある界隈の方々から。

確かにおっしゃる通り、違法なことはしていないわけですから、咎められる筋合いではないのかもしれません。

「遠足のおやつは、500円以内でなければなりません」
子どもの頃、こんなことを先生から言われました。

もし、今おなじように先生から言われたら、私ならしれっと540円分のおやつを買ってきます。

「先生は消費税の話をしなかったので、私は税抜と理解しました。見解の相違です」

■ ■ お知らせ ■ ■
MQ会計を実践的に学んでみませんか?
東京・MG(MQ戦略ゲーム)2日間
2023年 2月18日(土)/ 19日(日)

違法ではないが、適切ではない

特に税金の世界は、この言い回しが多く出てきます。
その界隈の方々からです。

「確かに税法や通達には、そう書いてありますが・・」
「税の公平性から著しく逸脱しています」

税法や通達にしたがって税金を計算しても、認めてもらえないことも。

そうすると「出るとこ出ましょうや」となるわけです。

この場合の尺度はなにか

「いや、別に悪い事してないっしょ」

こういった話になると、最終的には主張を貫くか、落とし所を探るか、ということになるでしょう。
どちらも字面では違法ではないのですから、本来は揉めることではないはずです。

ただ、この場合は違和感というか、なんかモヤモヤが残ります。

ここで出てくるのは「倫理」ということになるのでしょう。
税法の場合は「経済合理性」という観点もあります。

普通なら、そんなことしないよね。
常識的におかしい。

「赤の他人とそんな取引しますか?」

こんな尺度がでてくるわけです。

すべてを法で律することは不可能です。
なので、倫理や道徳的な考え方という尺度を用いて、法の判断を補うわけです。

最近、どうも判断の尺度が少し歪んでいるような気がするのは、私だけでしょうか。

ーーー