戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

Macbook(2018)キーボードの汚れを落とすには

time 2018/12/30

新型Macbook Air、いいです

Macbook Air ようやく2018年11月に新型が出ました。
前のMacbook Air同様、実務機としてはいい感じです。
Proほどの機能はいらないし。

難点を言えば、バタフライキーボード。
これはProでも同じですが、キーの高さがあと1mm欲しい!と思うのは私だけでしょうか?

新型のPro以降、電源ボタンがなくなりました。
ノートを開くと自動的に起動します。

さらに2018年モデルでは、キーボードの任意のキーおよびトラックパッドを押すとMacBookの電源が入ります。

ここでちょっと困ったことが。

キー(ボード)が拭けない

私のようなおっさんに限らず、指でキーボードに触れていれば、指の脂や手垢が付きます。
だんだん汚れてきて、テカってきます。不快です。

そこで定期的にクロスなどで拭いて、キレイを保っています。
ところが2018のMac、キーやトラックパッドを触るとすぐに電源が入ってしまいます。

ネットで見てみると、皆さんお困りの様子。
電源を切ったまま、キーボードの手入れはできないようです。

これではテカったままのキーボードで、不快なままなのでしょうか・・

ならば電源を入れたまま

電源を切ったまま、キーボードの手入れは困難。
ならば電源を入れたまま、拭くしかありません。

そこで活躍するのは、メモアプリ。
これを起動します。
そしてキーを1つずつ、拭いていきます。

私はメガネ拭き用のクロスを使っています。
ティッシュに少し水を含ませ、それをクロスに「ポンポン」と叩いてごく少量含ませ、拭きます。
そうするとこの通り。

<BEFORE>

<AFTER>

きれいになりました。

メモソフトは?というと、こうなってます(笑)
同じ文字がダーッと並んでいますが、誤作動は起こしません。

拭き終わったらメモソフトを閉じます。
文章は保存しないで、ポイですね。

ちなみにキーは下から拭いて、Tabキー、Enterキー、BackSpaceキーは後回しにするとやりやすいです。
トラックパッドもこのときに拭きます。

これで、キレイなMacでお正月を迎えられます。
めでたし、めでたし。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。