MacbookAir(M2)、今回は見送り


現在の愛用機 M1-MacbookAir

M2 MacbookAir

先日、MacbookAir(M2)が発売されました。

いつもながら、魅力的な商品を出してくると思います。
欲しいか?欲しくないか?、を判断軸にすると、欲しいですが、今回は見送りました。

M1からM2に行く気持ちには、なりませんでした。

成熟期の商品たち

Macを始めとするパソコンやスマホ。
比較的早いサイクルで新製品が出ます。

それだけ技術が進んでいる、ということだと思います。

一方で、新しい商品が出たといっても、
・カメラの性能が良くなりました
・処理速度が○%速くなりました
・こんな機能、あんな機能が付きました
・・・

ちょっとお腹いっぱい気味の感も否めません。

そんな(に)機能は要らないから、もっとシンプルにしてほしい。
そう思う部分もあります。

私の場合、iPhoneも一瞬13に行きましたが、SE(3rd)の発売と同時にSEに戻りました。

M1Macはエポック的な変化でしたので、ワクワク感がありましたが、M2にはそれを感じられず。
今回は見送ることにしました。

現実に戻ると・・

仕事柄、Windowsからの離脱はそう簡単ではなく、昨年M1Macを買ってからも変わりません。
税務申告用のソフトは、WindowsーIntelから離脱してくれません。

M1を買った直後は、M1-MacとIntel-Mac(bookAir)の併用でした。
しかしIntel-Macは、特に夏の時期、ファンがフル回転+暑くて触れない、状態になります。

そのため、現在はM1-MacとWindows機(Surface)との併用になっています。
税務申告のとき「だけ」、Windows機をしかたなく使っています。

Windows機がARM版対応になるか、この商売をやめるかでもない限り、この状態は続くのでしょうね。

Intel-Macもしんどそうなので、もう1台のM1機へ切り替えようと思っています。

ーーー