やっぱり、これが効果的。

最近、付録付きの本?というか、本付きの品物というか、あります。
今回はこの本、いや、カップを買いました。

コーヒーをよく飲むのですが、冷めたコーヒーはおいしくない。
というわけで、以前記事を書いたときには、こんなボトルを買っていました。

・保温ボトルで飲みすぎを減らしてます

そう、冷めると一気に飲み干して、また熱いのを淹れる。
これがよろしくありません。

保温ボトルは、どちらかというと持ち歩き用という感じ。
そして紅茶用になっていました。

私は、コーヒーには牛乳を入れて飲む派です。
するとコーヒーの油分と、牛乳の脂分で、ボトルが油っこくなります。
毎回洗うのも、間口広めのボトルでも大変。

そこで今回見つけた、このカップを購入しました。

ステンレス製の断熱保温マグカップ。

「飲み頃温度が長時間つづく!」

確かに、プラカップに比べれば、長持ち。
ボトルに比べて飲みやすく、手入れもラク。

でも、やっぱり上が開いているので、冷めていきます。
感覚的な飲み頃の実測値は、1時間ぐらいでしょうか。

で、秘密兵器を使って、保温時間は倍以上(当事務所調べ)になりました。

まぁ、結局これがいちばんなのかも。

できるだけ冷めないように、そして飲みすぎないように。
注意しないとです。

ーーー