戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

戦略MQ会計で戦略的な経営を

Pay-easyは休日でも「払うこと」ができます

time 2019/04/30

Pay-easyはほぼいつでも払えます。

・Pay-easy(ペイジー)で税金を払う

「あー、連休明けの5月7日。
 金融機関の窓口、大混雑だろうな〜」

はい、たぶん相当な混雑でしょう。
また、一斉に金融機関が動きますので、何らかのトラブルがあっても不思議ではありません。

社会保険料や税金、公共料金等で、Pay-easy払いをされている方。
この連休中でも払えるの、知ってました?

あくまでも「払える(払う手続きをすることができる)」ということです。
実際に税務署等に収納されるのは、休み明けの5月7日です。

「収納される」というのは、「税金を国などに払った」という意味です。

例えば郵便局のATMで今日(4/30)、Pay-easyを使って社会保険料を現金で払ったとします。
すると、支払手続きは今日(4/30)、完了することができます。

ただし、今日は年金事務所がお休みですから、まだ社会保険料を納めたことにはなりません。
郵便局に預けてあるような状態です。

年金事務所が営業する5月7日になると、郵便局から年金事務所に支払いがされます。
そこで初めて「社会保険料の納付完了」となります。

社会保険料や税金などは、末日が休日の場合、支払期限は後ろにずれます。
なので、支払期限には遅れることはありません。

5月7日に、金融機関の窓口に並んで払っても、結果は同じです。
ですが、並ぶ手間は省けます。

金融機関が休み=税金等は払えない、わけではありませんので、ちょっと工夫されるのもいいかもしれません。

※銀行等のATMの場合、Pay-easyを「現金で」利用する場合は、18時までになります。
時間は注意してくださいね。

ーーー

■ 6/6 戦略MQ会計セミナー(基本編)
■ 6/21 Excel活用セミナー(基本編)
■ 7/4 戦略MQ会計セミナー(基本編)

おいしいもの倶楽部