やはりパーセントは分かりにくい

Windowsのアップデート。
イヤなものの1つです。

バグの修正があったり、機能が拡充されたり、必要なものです。
それ自体はしかたありません。

イヤなのは「それにどれぐらいの時間がかかるのか?」
それが分かりにくいことです。

アップデートを開始すると、状態が表示されます。
クルクル回る表示も出たりします。

・・・アップデートを検証中・・・

・・・ダウンロード中・・・

・・・インストール中・・・

その工程が今、どのくらい進んでいるのか?
「%」が表示されます。

「95%か、じゃあもうすぐだな」

しかし、なかなか進まない、終わらない。

%は全体に占める割合ですから、全体の数値の大きさによって、実際の数値は変わってきます。

同じ5%でも、100円の5%は5円ですが、100億円の5%は5億円。
30分の5%なら1分半ですが、100時間の5%なら5時間。

同じ5%でも、5円と5億円、1分半と5時間では大違いです。

最初から具体的な数値が分かっていれば、%は体感しやすい数字になるわけです。

結局、このWindowsのアップデート。
3時間近くかかりました。
最初から「約3時間かかります」というなら、この時間帯にはやらなかったのに・・。

Macは「残り3分」とか出ますから、「ちょっとトイレに行ってこよう」ができます。
やはり数字は具体的な、実数で知りたいものです。

ーーー