思い込みを取り除く

今日は子どもの高校の卒業式。
当初は新型肺炎の影響でできないかも、という話もありました。

結局は卒業生と先生のみで挙行という運びになり、無事終わりました。

式の様子や、先生たちが作成したムービーは、配信の形で親にも提供されます。
視聴可能になったら、見てみようと思います。

新型肺炎の影響で、いろいろなイベントなどが中止になるなか、ネットやオンラインへの切り替わりが加速しています。
在宅勤務やテレワークは、もともと東京オリンピックに向けて準備が進めれらていました。

その関係もあり、比較的スムーズにいっているのではないでしょうか。

また、例えば私が行っているスポーツクラブでは、プールやマシンはOKですが、ヨガなどのレッスンは中止されています。

プールはやマシンは設備がないとムリかなと思います。
ただ自宅にプールはムリでも、マシンは買って自宅で、は不可能ではありません。

ヨガなどのレッスンはというと、オンラインでできるサービスもあるそうです。
スマホなどを使って、対面式(向こう側にインストラクターの方がいる)でできる。

「ここをこのくらい動かして」みたいな、触れての指導はムリだとしても、多くの部分をカバーできます。

オンラインには馴染みにくいものもあるでしょう。
ただ、それは今までの既成概念なり、勝手な思い込みが影響しているだけかもしれません。

決して喜べない新型肺炎の流行ですが、皮肉にも既成概念や勝手な思い込みをぶっこわす起爆剤になっているのかもしれません。