指定席と自由席


(今日は窓側でした)

新幹線などで移動するとき、座席は2種類あります。
指定席と自由席です。

指定席と自由席

指定席はあらかじめ席を確保しておけるので、座れないということはありません。
一方の自由席はその名の通り。誰がどこに座ってもいいので、早い者勝ち。

座れるかどうかは、保証されていません。
確実に座れるから指定席がいい?

指定席は確実に座れますが、目的地まで原則移動はできません。
隣がきれいな女性なら、旅も楽しいです。
でも、隣に私のようなおっさんが座った日には…

また、3人掛けに3人座っていたとき、まわりがガラガラでも、原則移動できません。
多くの方はそのまま座っています。
指定席は固定席でもあります。

■ ■ お知らせ ■ ■
MQ会計を実践的に学んでみませんか?
東京・MG(MQ戦略ゲーム)2日間
2023年 2月18日(土)/ 19日(日)

通路側の指定席

自由席は、座れるか、座れないか、最大の第一関門があります。
ですが、自由席は隣におっさんが来たら、違う席に移ることもできます。
もちろん、空いていれば、という第二の関門があります。

私が定期的に乗る東北新幹線、やまびこ号。
指定席で行きます。

取る席も一定のパターンがあります。
最近は基本的に3人掛けの通路側です。

やまびこ号はいわゆる新幹線の各駅停車。
比較的短区間を乗る方が多いです。

郡山ぐらいまでは混んでいますが、その先は空きます。
結構みなさん、そのまま座っています。

こういう時、特に窓側だと動けません。
通路側なら、こういう時は臨機応変に空いている席に動けます。

なので通路側を取ることが多いです。
もちろん、車掌さんが来たら戻りますけどね(笑)

税理士業は固定席?

税理士業は指定席(顧問契約)あり、自由席(スポットなど)あり。
それぞれ一長一短あります。
安定した指定席、景色の見える窓側がいいと思う方が多いのでしょうね。

私は自由席がおもしろいと思いますが、今のところ通路側の指定席あたりです。