戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

申告書は要りません(eLtax)

time 2018/09/03

資本金が1億円以上の会社は義務化されますが、中小企業でも電子申告は進んでいます。
うちのお客様でも9割近くは電子申告です。

申告時期になると

一般的に、申告時期になると会社には申告書が送られてきます。
国税の場合は法人税、消費税の申告書。
納付書も同封されています。
地方税は県税、市税から申告書と納付書です。

申告期限の延長をしていない会社は、決算月から2ヶ月以内に申告納税を行わなければなりません。
7月決算の会社なら、9月末までです。

申告書を作成して、税務署に郵送または持参して提出が今までの標準でした。
ですので、申告書類が送られてきていたわけです。

しかし、上記の方法に変えて、電子申告が可能になりました。
電子申告の場合、紙での送付・提出ではなく、送信で完了します。

国税は送ってきません

国税(法人税、地方法人税、消費税)について電子申告をしていない場合は、申告書(A4サイズ)と納付書(A4の1/3サイズ)がA4サイズの封筒で送られてきます。

しかし、電子申告を一度行うと、その次からは申告書は送られてきません。
納付書は特殊な書式ですので、これは送られてきます。
ただ、納付書は定型サイズなので、郵便料金は半分から1/3ぐらいになっているかと。

会社ごとに電子申告かどうかは、ちゃんとチェックされているのでしょうね。

地方税、電子申告(eLtax)してるんですが

一方の地方税。
eLtaxを行っている場合ですが、相変わらず申告書と納付書がA4サイズの封筒で送られてきます。

一部の県税では納付書サイズになり、申告書が送られてこないところも出てきました。
しかし、いまだに納付書はB5の1/3サイズです。
まだBサイズを引きずってます。

国と地方の差と言ってしまうのは簡単なんですが、何とかならないものかなぁと思います。

申告のときに必要な情報は、予定納税(中間申告)の状況だけです。
(eLtaxの申告情報の確認はとてもしづらいので、それが改善されれば納付書だけでOKです)

せっかく電子申告しているのですから、電子申告かどうかの情報は簡単に取れると思うのですが。
改善を望みたいところです。

ーーー

【編集後記】

またまた台風が来ています。
明日は皆さん、会社へ行くのはやめにしませんか?
(とりあえず会社に行って、状況で早じまいっていうのもねぇ)

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。