決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

所得はどうやって調べればいい?(扶養控除等の見直し)

time 2018/11/16

最近来るのが早くなったような・・

この問い合わせが来たら

「扶養控除等の見直しについて」

税務署からこんな書類が届くことがあります。

中を見ると、従業員の名前が記載されていて、「配偶者控除や配偶者特別控除、扶養控除が間違っていますよ」という記載がされています。

「扶養控除等の見直し」ですから、この通知が来る理由は、扶養者や配偶者として処理してはいけなかったのに、扶養者として処理した場合です。
ごく簡単に言えば「扶養者や配偶者の所得がオーバーしていますよ」ということです。

税務署はすでにデータを持っています。
ですので、該当する従業員の方に事実関係を確認して、不足している税金を同封の納付書で払うことになります。
このほかに、同封されている回答書に「いくら足らないか、いつ払うか」を記載して、返信します。

該当者の所得はどう調べる?

扶養者の場合は単に控除できるかできないか、なのですが、配偶者の場合は配偶者控除は受けられなくても、配偶者特別控除は受けられるというように、所得の正確な金額が必要になります。

勤め先の源泉徴収票を持ってきてもらうなども一つの方法ですが、可能なら市役所で住民税の所得証明書を取ってもらいましょう。

所得証明書はこんな書類です。

取ってもらう時の注意としては、年度を間違えないということです。

本年度の住民税は、前年の所得に基づいて決まります。
そのため証明書に書かれている所得金額は、前年のものになります。
「29年の所得証明をもらってきて」といってこの書類をもらうと間違えます。

これは28年の所得を証明しているものなので、証明書が1年ズレています。

税務署からきた扶養是正で「29年分」と書かれている場合は、市役所で「30年分」のものを取ってきてもらうことになります。
なお、使う金額は合計所得金額です。

これに基づき計算し直して、過不足を調整してくださいね。

こちらもご参考までに

扶養控除等の見直し

https://www.tt-tax.net/huyouzesei

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない