これならムダなく、おいしく(りんごのスターカット)

今年もいただきました。

サンふじはりんごの王様だと思う

岩手県は江刺のりんご、サンふじです。
例年、この時期にいただきます。
食べごろです。

サンふじは「国光」と「デリシャス」のかけ合わせで、特徴としては、
・袋をかけずに、太陽の光を十分に浴びて育っている
・りんご1つ1つに太陽の光が当たるように、樹を小さくして栽培(わい化栽培)
・昼夜の温度差
などの環境で、農家さんが育ててくれています。

シャキシャキなのに、甘い。
最高です。

私はほかの品種のりんごも大好きですが、これを食べたら、他のりんごは色あせてしまいます。
今のところ、これを超えるりんごには出会えていません。

スターカットは、とてもいい切り方

りんごといえば、一般的にはタテに切り、くし形にすることが多いと思います。
皮が気になる方は、皮を向いてしまう。

りんごは皮と皮の近くにも食物繊維やビタミンが豊富にありますが、これをいただけない。

また、タネ(芯の部分)を取るときに、タネと一緒に周りの果肉も取ってしまうことになります。
サンふじの場合は、蜜が入っている部分も一緒に・・

なんかもったいない・・・

ですが最近、スターカットなる切り方を知りました。
タテではなくて、ヨコに切る方法です。

真ん中からヨコに半分に切ると、こんな断面です。

中心部分にタネがありますが、この配置がきれいに星型。
そして、この部分だけを取り除いて食べれば、ムダなく食べられます。
蜜の部分もしっかりいただけます。

ヨコにスライスに切ることで、皮も細くなるので、気になりません。
上と下の部分は、私は一口サイズに切ります。

タネと芯の部分を取るだけなので、ゴミになる部分もほんのちょっとです。

私は包丁ではスターにカットできないので、これではペンタゴンカットですね。
お菓子用の星型の型抜きがあれば、それを使うと見た目もきれいです。

いずれにしても、食べ物は、ムダなく、おいしくいただきたいものです。

ーーー