町はおもしろい

町の歴史を紐とくのって、おもしろいです。
ぶらタモリもよく見ますし、町中を歩くのも好きです。

今年から、事務所近くの2つの町名が変わりました。
水道橋から神保町方面に向かって、白山通りをはさんだ町名です。
三崎町と猿楽町が、神田三崎町と神田猿楽町になりました。
(Google Map、すでに変わっていました)

現在の千代田区は昔、麹町区と神田区に分かれていました。
今の日本橋川がその境です。
税務署もその名残があって、千代田区内には神田税務署と麹町税務署があります。

神田区側の町名には、「神田」が付いている地名が多いです。
神保町も町名は「神田神保町」が正しいです。

神田駅近くには一区画ごとに町名が変わるぐらい、多くの町名があります。
しかもとてもユニークです。
そこもほとんどに「神田」が付いています。

神田紺屋町、神田北乗物町、神田富山町、神田美倉町、神田鍛冶町三丁目・・・
見ているだけで楽しくなってきます。

そういえば鍛冶町は三丁目だけ神田が付いています。
一丁目と二丁目は神田が付いていません。

実は神田鍛冶町三丁目は、昔「鍋町」と言われていました。
もともと違う町だったから、その町名の歴史も違ったようです。

地名や町名の由来も、風土や土地柄からくるものも多いです。
鍛冶町、鍋町はその界隈の職業から付いたものです。

ちなみに神保町は、神保さんという旗本の屋敷があったから。
もし旗本が神田さんだったら、神田神田町?、なわけはないでしょうね(笑)

ーーー

【編集後記】

昨日は電子書籍になっていない本を、まとめ読みしました。
電子書籍は布団の中でも読めるのですが、普通の書籍はまわりが暗いと読めません。
でも、紙のページをめくりながらの読書も、いいものですね。