戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

アップグレードという売り方

time 2018/10/25

新幹線に乗っています

この列車は1-3号車が自由席、他は指定席です。
指定席には普通、グリーン、グランクラス。
少しずつお値段は高くなります。

今日は後ろ、つまり自由席側から、私が乗っていた2時間ほどの間に5組ほど指定席にきました。
車内でも、空いていれば席の変更はできます。

話しかけやすそうな、女性の車掌さんだったからかも知れません。
いや、ひょっとするとやり手の車掌さんかも・・・

コストは同じでも

新幹線や飛行機など、座席数が決まっているものがあります。
1人も乗客がなく運行しても、満席で運行しても、基本的にコストは同じです。

でも、自由席が満杯で指定席がガラガラの場合と、指定席が満杯で自由席がガラガラでは、売上がまったく違います。
新幹線や飛行機はMQ会計で考えれば、売上=利益、つまりPQ=MQです。

出発まではQアップの努力ができますが、出発してしまえばQアップは困難です。

アップグレードという売り方

自由席が満杯で、指定席に空きがあるなら、その席を売れば、グリーンやグランクラスになれば、Mアップです。
車掌さんが上手に営業したら、MQアップできますね。

ホテルなども売上=利益、つまりPQ=MQだと思います。
急に客数を増やすことは難しいかもしれませんが、上手にアップグレードをお勧めすれば、MQアップにつながるでしょう。

「谷口さま、今日は普段予約が取りにくい、眺めのよいお部屋に空きがございます。
通常2万5千円ですが、今回に限って2万円でご用意できますが、いかがですか?」

ーーー

【編集後記】

この時期の地方出張は服装に迷います。
地方は意外に寒暖の差が激しいですからね。
でも荷物は多くしたくないし・・・
うむ〜

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。