決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

わかりにくい入門書

time 2017/09/23

わかりにくい入門書

「よくわかる○○」
「スラスラわかる○○」
「やさしい○○」

いわゆる入門書と言われる書籍には、このようなタイトルが付きます。
私も何かを学ぶとき、この手の本を何冊か買って読んだりします。

この手の本はだいたい2種類に分かれますが、結構残念な本が多いです。
とくに技術とか、専門的なもの。
知識のオンパレードになっているだけで、全体像がイメージできない。

1つ1つはとても丁寧に解説されていて、カラーで、図もたくさんあるのに、それが全体のどの部分で、他とどうつながっているのか。
これが全然見えてこないんです。
そしてだいたい、必要度合いというか、強弱がはっきりしません。

「○○をこうすると、△△になります!」

そう書いてあるんだけど、それは必須なのか、オプションなのか。
幹なのか枝葉なのか、入門者はわかってません。

結果消化不良を起こし、その本はゴミ箱行きになってしまいます。

入門者には、学ぼうとしていることは粘土の塊です。
粘土でキリンを作るのに、いきなり尻尾やヒヅメの解説をされても困ります。

「キリンは首と足の長い動物で、四足で、尻尾が生えています。」

全体像をイメージしてから、「たてがみがあるよ」とか「耳はこんな形」といった方がわかりやすいです。

入門書を書くって、簡単なようでむつかしいです。

—-
コペンハーゲン空港の回転寿司のチラシ。

これ究極ですね(笑)

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。