決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

全体が横ばいでも

先日、こんな内容の記事を見ました。

会社の内部留保は34%も増加し、会社の現金預金も27%も増えているのに、従業員に支払っている給与はほぼ横ばい(3%減少)。
働く人の賃金が伸び悩んでいるため、個人消費が低迷・・


さらっと読むと、「会社が利益を溜め込んで、従業員に還元していない」
そう読めます。

賃金総額ですから、上がっている人もいれば下がっている人もいる。
あるいは、世代構成などによっても変わってくるでしょう。
賃金総額が上がっていない=賃金が上がっていない
というのは、ちょっと乱暴な感じもします。

こんな表を作ってみました。
yokobai

上の表と下の表、総額は3%ほど減っています。
違うのは世代人数の構成比です。全体として微減です。
でも下の表は各世代とも、給料が増えています。

こんな分布もあるかもしれませんね。

数字は「大きく・小さく」「粗く・細かく」「近く・引きで」
要素は?そして事実はどうかを見ていかなければなりません。




★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。