決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

売上が上がっても、回収しなければ

time 2016/09/09

売上が上がっても、回収しなければ

現在では一般的な掛け取引。
いくら売上が上がっても、回収しなければ手元のお金は増えません。

毎月500万円売り上げていても、1円も回収しなければ、決算書の売掛金(残高)は6000万円。
手元のお金は1円も増えません。
%e5%a3%b2%e6%8e%9b%e6%9c%aa%e5%9b%9e%e5%8f%8e

例えば、2ヶ月遅れで現金回収していれば、決算時の売掛金(残高)は1000万円となります。
%e5%a3%b2%e6%8e%9b%e5%9b%9e%e5%8f%8e

「そんなことぐらい、分かってるよ」

では、質問です。

売掛金の前期繰越はゼロ円、掛け売上は毎月500万円で、当期は6000万円。
決算時の売掛金(残高)は1000万円でした。
では、今期現金はいくら増えたでしょう。


前期繰越がゼロで、当期の増加が6000万円、期末に1000万円残っているから・・
5000万円じゃないの?


でも、
・手形で代金回収しているかも
・買掛金と相殺しているかも
・返品や値引きがあるかも ・・

そうなんです。
取引の状況を見てみないとわからないんです。
答えは「売掛金の帳簿(会計恒等式)を見なければ、わからない」んです。

手形で代金回収したり、返品があったりすると、売掛金の帳簿はこんな感じ・・・
%e5%a3%b2%e6%8e%9b%e5%9b%9e%e5%8f%8e2

ちょっと極端ですけど、この場合、
売掛金は減ってますけど、お金は1円も入ってきていません。
単に前期と当期の決算書を並べて比較しただけでは、こういうことは分からないんです。

仕訳と帳簿(会計恒等式)が重要なんです。


>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント