決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

売掛金が減るということは

time 2016/09/14

売掛金が減るということは

売掛金が減るということは「お金が入ってくることだ」
そう思うのが普通の感覚でしょう。

が、前回にも書いたように、いろいろな理由で売掛金は減ります。

・手形で代金回収しているかも
・買掛金と相殺しているかも
・返品や値引きがあるかも ・・

ひょっとしたら、仕訳(記録)を間違えているかもしれません。

・手形で回収していたら、手形がいつお金になるのか、
・買掛金と相殺していたら、経理が二重に払わないように、
・返品や値引きがあったら、なぜ返品や値引きがあったのか、
・仕訳を間違えていたら、単なる間違いなのか、他の仕訳に影響しないのか、

取引から想定される影響も、知っておく必要があります。

売掛金が減っている=お金が入ってきている

とは限らないことを、ぜひ認識しておいてくださいね。

>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント