戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

月次試算表12枚の合計は?

time 2017/02/13

「投資を行なうかどうか」「事業を縮小するか」など、経営には様々な判断が必要になってきます。
その判断資料の一つに、月次決算書(試算表)があります。

あなたの会社の月次試算表、正確ですか?

『毎月パソコンで作って残高も合ってるし、正確な試算表ができてるよ』
『資料を渡すと、税理士さんから試算表が送られてくるから大丈夫』

こんなお答えが返ってきそうですね。
しかし、実際に試算表を拝見すると・・・

例えば、
○ 減価償却費が、月次換算で計上されていない。
○ 売上や仕入れが入金ベースで処理されている。
○ 年払いの経費などが、月次換算で計上されていない。
などです。

特に、減価償却費が多額だったり、期中に設備投資を行なったり、
決算近くに年払いの保険があったり、という場合です。

もしこれらの経費を月次換算で計上していないと、決算前までは黒字だと思っていたら、決算でいきなり赤字になったりします。

これでは、的確な判断はできません。

「月次試算表を12ヵ月分足せば、年間の決算書になる。」
でなければ、月次決算は意味を持たなくなってしまいます。

1を12回足したら、「12」でなければダメなのです。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。