戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

会計はお財布(会計恒等式)

time 2016/08/20

会計は、会計恒等式の集まりです。
そして、ただそれだけです。

意思決定に基づき取引がされ、仕訳がされ、この会計恒等式に集計されていきます。

冒頭の図は会計恒等式を図式化したものです。

式で書くと、
前期繰越+当期INー当期OUT=次期繰越 となります。

漢字が多いし、算式とか会計なんていうので、難しく感じたかもしれません。
が、そんなことはありません。

前期から繰り越してきたものに、当期入ったものを足し、当期出て行ったものを引いた残りが、次期へ繰り越される。

会計の「しくみ」って、実はとてもシンプルなんです。

たとえるなら、あなたのお財布、です。
これなら、もっと身近な感じがしますよね。

さいふ

この図はあなたの今日のお財布を表しています。

朝、財布を見ると100円しかない。
・奥さんから1000円こづかいをもらう
・100円の缶コーヒーを買って飲む
・800円でランチ(カレー)を食べる
そして帰ってくると財布の中には200円が残っています。

分かりやすいですよね。

そして、
・奥さんから1000円こづかいをもらう
・100円の缶コーヒーを買って飲む
・800円でランチ(カレー)を食べる

今日のこの3つの行為が、あなたの「意思決定」
そして「取引」→「仕訳」となり、集計されていくのです。

何も意思決定をせず、取引がなければ、増減はありません。
800円のカレーではなく600円のそばを食べれば、結果は変わります。

なんでカレーを食べたんですか?

ーーーーーーーーー

会計はこういった財布(勘定科目ごとの会計恒等式)の集まりです。
そしてこれらの会計恒等式を分類・集計し、もっともらしくしたものが決算書なのです。

>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。