決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

会計は警戒情報

仕訳は取引の記録。
そしてその取引は、あなたの「意思決定」によって生じたものです。
そしてその「意思決定」の結果が、会社の数字としてどう表れるのか。

「会社をよくしたい」

そのためには何をすればいいのか。
「こうしたらどうなるのか」
「ここをこうしたら、こうならないかな?」
会計を、それを考えるツールのひとつにしてほしいのです。

終わったこと、過去の数字をいくら分析しても、赤字は黒字になりません。
死んだ人は生き返らないのです。

健康診断で尿酸値が7を超えたら、痛風の発作が起きる可能性が高まります。
尿酸値が上がってきているのに、節制しなければ、あの痛い発作を体験します。
(経験者談です ^^;)

西順一郎先生は「会計情報が第一に果たすべきは警戒情報だ」と言われます。
会計情報から異常値、警戒値を見つけ、対応しなければならないのです。
2ヶ月も前の試算表や決算書では、それを分析していてはダメなんです。

>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。