戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

経営を野球に例えてみる(根性論ではないです)

time 2019/07/29

会議は踊る、されど・・

会社の会議では

「先月の売上は、○○が△△円、△△は□□円・・、となりました」
「雨が多く、客足が鈍ったのが主な原因かと・・」
「今月は目標の達成に向けて、全力を尽くします」

よくある会議のパターンです。
まず結果報告、そしてその原因(事象なのか、人なのか)の究明、次回はがんばります表明。

そして会議が終わると、
「また部長に絞られたなぁ・・」なんて。

そしてこれが繰り返されます。

「がんばる」って響きはいいですが、何か根性論、浪花節っぽいです。

野球に例えてみましょう

私は野球には興味はありませんが、たとえ話には使いやすいです。

野球はご存知の通り9回の攻守のゲームです。
点を多くとったほうが勝ちです。

ゲームは目の前で、全員がプレイヤーとなります。
プレイに参加しない、監督やコーチ、スコアラーもいます。
擬似的には会社と同じです。

違うのは、野球は全員が状況をリアルタイムで把握していること。

・今何回か?
・今何点取れているか(取られているか)?
・点差はどのくらいか?
・ピッチャーや主力打者の調子はどうか?

これらは目の前で現実に起きていることです。

また、指示系統がはっきりしています。
監督やコーチの指示のもと、戦術が組み立てられ、実行に移されます。

「この投手は調子が悪いから、今日は登板させない」

これは監督が考え、全責任を負った判断なのです。

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

戦略MQ会計セミナーを行います。
詳細、お申込みはこちらからどうぞ

意思決定と行動によって、結果が出る

「この投手は調子が悪いから、今日は登板させない」
こう監督が決めたとすれば、控えの投手のうち、誰を使うか。
具体的な行動になります。
そして結果が出ます。

今3回なら、A投手を6回まで投げさせてみよう。
でも、もし2点取られたら、B投手に変えよう。

今7回。1アウト2塁か。
Cは調子が悪いから、代打にDを使おう。
2点差だから、ライト方向のヒットを狙うようにサインを出そう。

1点差と5点差では方法が違います。
3回と7回では方法が違います。

でもそれができるのは、現時点で状況が、全体が見えているから。

そして試合の結果は・・となるわけです。

月次の試算表や決算書は、次の日のスポーツ新聞のようなもの。
そこには勝った負けたの分析がされているだけなのです。

いかに実践で勝ち星をあげていくか。

例えるなら、MQ会計の考え方は野球の試合と同じです。
いかにしてMQ>Fとなるようにするか。

次の日のスポーツ新聞を見ても、勝てませんから。

ーーー

【編集後記】

関東地方も梅雨が明け、今日はとても暑くなりました。
熱中症になるかと思うぐらい、しんどかったです。

今日は外出だったのですが、ポカリを飲んだり、タクシーで移動したり。
そうです。命を守る行動を取りましたのです。

無理せず、無理せず。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。