さくらの写真


桜が見頃です。

桜の写真はむつかしい

今、見頃の桜。

日本ではソメイヨシノが主流です。
淡いピンク色の花びらで、心が和みます。

実際に目で見ているときはいいのですが、写真に撮るとなんかイマイチになりがち。
どうやって撮ったらいいかなぁ〜、といつも悩みます。

見上げる感じで撮ってみます。
青空のもとなら多少はピンクも映えるのでしょうが、曇り空だと何だかわからないです。
見下ろす感じでも、花の感じがよくわかりません。

奥行き感を出してみるのもいいかもしれません。
ただし、ほかのものも映り込むので、そのバランスもむつかしいような気もします。


(これは昨年撮ったもの)

寄ってみる

下から見上げるようにしか撮れない場所だと無理ですが、枝や花に近づけるときは、グッと寄ってみるといいかもしれません。


これは一眼レフ(Eos M2 22mm)で撮ってみました。

まわりをぼかすことで、立体感が出るような気がします。

また、寄ってみることで、おしべの「やく」の黄色がちょっとアクセントになります。

私はこんなのが気に入っています

寄ってみるのもなかなかいいのですが、やはり淡いピンクでぼんやりした感じは残ります。
(この、はかない色がいい、という意見も多いです)

個人的には、こんな写真がいいかなーと思います。

ガクのあたりが緑〜赤となって、花びらのピンクまでの色の移り。
枝ではなく木の幹がバックになることで、ピンクも映えます。
咲いていないので「花」にはなっていませんが、咲く直前の躍動感を感じます。

自分としては今回、満足できる写真が撮れました。

ーーー
【編集後記】
しばらく眠っていた一眼レフ。(Eos M2)
また使ってみようと思います。

この写真ではズームレンズが付いていますが、しばらくズーム機能のない22mmのみで撮ってみようと思います。

ズームに頼らずに、どんな写真が撮れるか?
さて結果はいかに?