制限・制約の中でどうするか

最近、Twitterでこんな投稿を見かけます。

Twitterは制限の世界

米国大統領も使うTwitter。
その影響力は大きなものがあります。

Twitterの特徴として、見やすさ(読みやすさ)があります。
字数は140文字(280文字)となっています。

その制限の中で、どう伝えたいことを表現するか。
俳句にも似た楽しみがあります。

写真を付ける、リンクを貼る

しかし、指定の字数でうまく表せない場合もあります。
そんなとき、こんな工夫がされています。

・(続く)などとして、別のツイートをする
・写真を付ける
・リンクを貼る

私も自分のツイートに、ブログへリンクを貼ったりします。
ただ、リンクを貼るのは、そこでさらにワンクリックしていただかなければなりません。

■ 戦略MQ会計セミナー(基本編)

文字を写真にする

最近見かけるのが、文字を写真にしてupしているツイート。
1つのツイートで、規定文字数以上の文字情報をupする。

これ最初に考えた人すごいな、と率直に思いました。
同時に、これはアリなのかな?とも思いました。

Twitterはその特性上、投稿がどんどん流れていきます。
連続ツイートでも、あいだに他人の投稿が入ってしまうこともあります。
そうすると、できるだけ1つのツイートで完結させたい。

その気持もわからないでもないです。

ただ、いかに規定文字数の中で、伝えたいことを表現するか。
これは文章を書く上ですごく訓練になります。

最近Twitterは読むのが多いですが、規定文字数で使いたいと思っています。