決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

話が噛み合わないのは・・

time 2017/04/05

「乗り過ぎです。最後の方は降りてください」
アラームとともに無感情な音声案内。

エレベーターに乗ると、よくある光景です。

「このエレベーター、9人乗りじゃん? でも7人目だよね・・?」
アラームが鳴ると、これまたよく交わされる会話です。
そして、「これ9人乗りなのに、おかしいね。壊れてるのかな?」
なんて会話が飛び出すこともあります。

でも、そうです。
エレベーターは「人数」で乗り過ぎを判断しているわけではありません。
「重さ」ですよね。

写真のエレベーターなら600kg。
80kgの人ばかりなら、8人目が乗ろうとするとアラームが鳴るわけです。
9人乗りということは、平均で66kgの方を想定しているわけです。

同じカゴに乗っていても、言葉や基準が揃っていないと、話は噛み合わなくなります。
職場でも同じですね。

P、V、Q、F、G、そして M
会社での意思疎通には、6文字ぐらいがちょうどいいと思います。

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない