戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

バナナの数は?

time 2019/12/16

先日、ネットでこんな書き込みを見つけました。

子どもの算数の問題。バナナの絵があります。
「バナナは何本ですか?」との問いに、子どもが○本と答えたら、×をもらいました。
これっておかしくないですか?

あなたなら「何本」と答えますか?
示されていた絵はこんな絵です。

子どもの答えは「6本」でした。

しかし子どもの答えには×がされていました。
そして1房がマルで囲まれ、「これで1本」と間違いの理由?まで書かれていました。
つまり、この問題の正解(つまり○になる答え)は「3本」だったのです。

もし「3」と答えさせたいのなら、「何房ですか?」と聞くべきです。

これがもし事実だとしたら、おかしいです。
先生は、仮に問題集の解答集や指導要領にそう書いてあったとしたら、「おかしい」と思わないのでしょうか。
もし、この解答を鵜呑みにして、子どもに教えていたとしたら、絶望的ですけど。

そんなことはないと信じたい・・・、と思います。

おいしいもの倶楽部

シンプルに

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。