決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

人間関係が説明できない・・(笑)(法人事業概況説明書)

time 2017/05/27

会社が法人税の申告をするときには、たくさんの添付書類があります。
その1つにこちら、「法人事業概況説明書」というものがあります。

売上の状況から取引内容、経理状況や使用ソフトなど、細かな項目を書きます。

この中に、いつも頭を抱えてしまう項目があります。
それがこちら。

経理の状況として、現金と小切手の管理者を書け、となっています。
書き方を見ると、

現金出納及び小切手振出しの管理責任者の氏名を記載するとともに、当該管理責任者と代表者との関係を該当項目に◯印を付して表示してください。

例えば現金を管理している人が、社長の親族でない従業員の田中一郎さんだとします。
そうすると、現金管理者欄に「田中一郎」と書き、右側の「他人」にマルをします。

もし現金管理者が社長の奥さん(山田花子さん)だったとしたら、現金管理者欄に「山田花子」と書き、右側の「親族」にマルをします。

では、現金管理者が社長ご自身(山田太郎さん)だったとしたら、現金管理者欄に「山田太郎」と書き、右側は・・・?

他人ではないと思うので「他人」にはマルは付けないと思います。
では「親族」にマルでしょうか?

でも、本人なのに「親族」にマルを付けるのは、しっくりきません。
親族って、その本人とつながりのある人ですよね?
「本人は本人とつながりがある」から、本人でもあり親族でもある?のか?

人間関係はむずかしい・・・

決算書なんて経営の役に立たない