決算書のつくり方

「5個買うと、1個おまけ!」
「当店限定」
「世界一、香りがいいよ!」

カンボジアに行ったときのお土産店で、売るための工夫がいっぱい。

決算書は読み物ではない

「社長なら、決算書ぐらい読めないと・・・」
そう思う社長さんは多いと思います。

なので、本屋さんには、
・これならわかる、決算書・・
・かんたん、決算書の・・・

なんてタイトルの本がたくさんあります。

もちろん、決算書は読めた方がいいと思います。

でも決算書って、読む気がしません。
読んでもよくわからないし、なんかピンとこないし、つまらないし。

■ ■ お知らせ ■ ■
MQ会計を実践的に学んでみませんか?
東京・MG(MQ戦略ゲーム)2日間
2023年 2月18日(土)/ 19日(日)

なんでつまらないのか?

決算書がつまらない理由は、よくわからないからです。

・今期はいい感じだと思ったんだけど、赤字なのか・・・
・どう考えても黒字だとは思えないんだけど・・・

決算書は社長のアタマと中と、合わないのです。

会計や税法のリクツが邪魔をして、ズラしてしまうから。
合わない方が普通なんです。

決算書は結果

決算書は「結果」です。

社長は、会社は、決算書を作るために経営しているわけではなく、経営の結果、決算書ができるのです。

社長は、会社は、いい結果が出せるように、ああしてみよう、こうしたらどうかなと、がんばっているのです。

いわゆる「決算書」は法律で決まっているから、そのフォーマットで作るしかない。

でも、
・ほんとうに儲かっているのか?
・実は損をしているんじゃないの?
・こんなふうにしたら、どれくらい儲かるのかな?

そこに応えられる会計が、大切だと思うのです。

そのへんを書きました。


決算書のつくり方
kindle版

ーーー