電子書籍はやっぱりKindle端末が読みやすいと思う

Kindle Paperwhite

Kindle PaperwhiteをAmazonのセールで買いました。
買い替え、ではなく買い足ししました。

今回買ったのは第11世代。
今持っているのは第7世代。2つ前の型です。

白いのが第7世代。何で白を買ったのかは、いまだに謎(笑)

今回買った理由は、
・表面がフラットになった
・画面が大きくなった(6インチ → 6.8インチ)
・端子がtype-Cになった
・スマートになった
あたりです。

なにげに気になっていたのは、第7世代のベゼル(縁の部分)。
額縁部分と画面部分にほんのわずか(1mm弱)ですが、高さの差があります。

これが、指でタップしてページをめくるときに、意外な難所でした。

手に持っているときは、ベゼル部分に指を置いています。
ページをめくるときは手を画面の端にあてます。
そのとき、ベゼルから画面に指をずり落とすことになり、テンポがズレる感じでした。

11世代は表面がフラットなので、スッと指をスライドすればよく、快適です。
画面も少し大きくなり、大きさの割には、むしろ軽くなった感もあります。

裏面にはバンカーリングを貼って、持ちやすくしてます。

電子書籍は専用端末がいいと思う

Kindleの電子書籍、iPhone、iPadといった端末でも、アプリをダウンロードすれば読めます。
でも、やはりKindle専用端末で読むほうが読みやすいです。

・画面がe-inkで目に優しいこと
・メールを見たりとかほかのことができないので、読書に集中できること

このへんがメリットかと思います。

スマホやタブレット以外に端末を持たなくても・・という意見もあるでしょう。

確かにそう思う一面もありますが、やはり専用端末で読書に集中、という結論に至りました。

Kindle Unlimitedを使うと、さらに読書が広がります

Kindle Unlimited という読み放題サービスがあります。
月額980円です。

感覚としては、図書館から借りてきて読む感じです。
期限はないようですが、同時に借りておける冊数は20冊までなので、それ以上借りてくる場合は、すでに借りている本を返さなければいけません。

少し古い本が閲覧可能という感じですが、ジャンルも含めいろいろあります。
また、話題になった本、読んでおきたかった本も読めることがありますので、重宝します。

あるテーマについて、ザッピング的に流し読みするのもいいです。
本を1冊買ったと思えば、元は取れると思いますし。

いずれにしても、本をいつでも気軽に読めるのは、いいことです。
次はどんな本を読もうかな?

ーーー