戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は経営の役に立ちません。MQ会計で戦略的な経営を

たくさん作ると儲かりますか?

time 2019/05/14

「たくさん作ると、儲かりますか?」
と聞かれたら、どう答えますか?

たくさん作ると儲かる?

世に出ている会計の本を見ると、だいたいこんな例を出して、比較しています。

ある製品を10万個作る場合と、20万個作る場合を比較してみましょう。

製品1個の売値は100円です。
製造個数に関係なくかかるコスト(固定費:労務費など)は、100万円です。
製造個数に比例してかかるコスト(変動費:材料費など)は、1個あたり50円です。

そして、こんな計算がされます。

・10万個の場合は、1個あたりの製造コストは60円(※1)
・20万個の場合は、1個あたりの製造コストは55円(※2)

※1 (50円×10万個+100万円)÷10万個
※2 (50円×20万個+100万円)÷20万個

そして、「製造個数を増やしたほうが、製造コストが下がる(1個あたりの固定費が下がる)ので、利益が大きくなります」と結論づけています。

「なるほど」と納得できますか?

■ 6/6 戦略MQ会計セミナー(基本編)
■ 6/21 Excel活用セミナー(基本編)
■ 7/4 戦略MQ会計セミナー(基本編)

たくさん作っても儲からない

確かにこの計算であれば、たくさん作れば1個あたりの利益が増えますから、利益は出るのかもしれません。

でも、「作っただけ」ではどんな計算方法を用いても、利益は1円もありません。
作っただけで儲かるなら、巨大な倉庫を作ればいいですから。

利益は会社の外にあります。
「売れなければ」利益は1円も増えません。

売れなければ、営業所に在庫が積み上がるだけです。
石のカタマリのように。

作ったものは、売ります。
売らなければ1円のお金も入ってきませんし、1円の利益も生まれません。

しかも、作るためのお金は、売れた売れないにかかわらず出ていきます。
原価計算よりも、どうやって売るか?を考えましょう。

ーーー

【編集後記】

毎月、あるところから送られてくる通信郵便。
スクラッチくじが付いているのですが、今月で4回連続当たりに。
なんかいいことあるのか、ここで運を使ってしまうのか。

さて、結果はいかに(笑)

おいしいもの倶楽部

ブログ