戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は経営の役に立ちません。MQ会計で戦略的な経営を

観察力、表現力(足利市立美術館・タラブックス展)

time 2019/05/06

足利市立美術館、インド・タラブックス展に行ってきました。

タラブックス社

インドにある小さな出版社、タラブックス。
おもに絵本を作っています。

タラブックス
http://tarabooks.jp

絵本の絵は、インドの少数民族が描いた絵を多く使っています。
素朴で、純粋で、素直に惹かれます。


(写真は美術館の注意事項に従って撮影しています)

観察力がすごい

少数民族の多くは、いわゆる現代社会とは少し距離があります。
しかし、自然との距離は私たちより近く、畏敬の念を持ち、接しています。

以前、オーストラリアの原住民のアボリジニが描いた絵も見ましたが、共通するところがあります。

うまく表現できませんが、観察力がすごいのです。
「こんな風に見えるのか・・」と。

今では写真があるので、見ているようで見ていません。
でも彼らは線の1本1本、点の1つ1つまで、見ているのです。

そして表現力がすごい

線の1本1本、点の1つ1つまで、細かく表現しています。
形や色は、デフォルメしているように思うかもしれません。

でも、彼らは決してデフォルメしているわけではなく、見えたまま、感じたままを表現しています。
それがあまりにも忠実なので、私たちに突き刺さってくるのだと思います。

この展示もすごいと感じました。

表と裏、8面ずつに絵が描かれて輪っか状につながっています。
内側は海の中、魚が泳ぐ絵が描かれています。
外側は砂浜、人間の生活が描かれています。

外側の砂浜の上は海になっています。
斜めから見ると、表側の海と内側の海がつながって見え、独特の世界観が広がります。

普段使っている神経と違うところが刺激されるんでしょう。
ビリビリきます。

6月2日まで開催されています。
体感されてみてはいかがでしょうか。

足利市立美術館
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

ーーー

【編集後記】

10連休も今日まで。
私はゆっくり穏やかに、充実した日々を過ごしました。

おいしいもの倶楽部

ブログ