戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

習うより慣れよう

time 2019/03/14

最近は一面英語だらけの書類も、怖くはなくなりました。

確定申告は明日が期限です

確定申告も終盤戦。明日が期限です。
(今年は15日が金曜日なので、アディッショナルタイムがあるようですが)

外国人の方の確定申告があります。
おもにメールでのやり取りをします。

2年ぐらい前までは英語のメールが来るのですが、まずなんて書いてあるかわからない。
返事を英語で書かなければならない。(^^;
けっこう苦労しました。

最近は皆さん日本語でメールを送ってくださいますので、やり取りは比較的スムーズです。

ただ、申告に必要な資料をお願いすると、送られてくるのはほとんど英語の資料です。
そうすると、これまた訳さなければならないです。

google翻訳

もっぱら頼っているのがgoogleさん。
google翻訳です。

画面はこんな感じで、訳したい言葉を左側に入れると、訳してくれます。
書類にあった「Dividend」という語句を入れると、日本語にしてくれます。

これ何語だろう?
何ていうのは言語を指定しなくても、その言葉を入れれば検知してくれます。

これはスペイン語でした。
スピーカマークを押せば、発音もしてくれます。

入力すると勉強にもなるんでしょうけど

PCで使うgoogle翻訳は、テキストが基本です。
もし書類が紙で渡されると、入力しなければなりません。

1つや2つの単語なら、まぁ大丈夫ですが、文章とかになると大変です。
メールやPDFなど、テキストベースのものでいただければ、それをコピペすれば瞬時に訳してくれます。

訳がなんかわかりにくい、そんなときは
・文章ごとに改行する
・間に隠れている「改行」や「スペース」を取り除く
と、比較的意味が取りやすくなります。

当初困っていたのは省略語。
例えば株の明細などにある「FMV」。
富士通のパソコンではありません。

Fare Market Value の省略で、株の時価を意味しています。
こんな感じで省略されているものは、慣れるしかありません。
専門用語も、慣れるしかありません。

目下の目標は会話です。
先日も日本語がダメという方との打ち合わせの際に、通訳の方に入っていただきました。
やはり会話はできるようになりたいです。

これも慣れですから、なんとかしようっと。

ーーー

【編集後記】

今年の確定申告、実は完了が予定より1週間遅れてしまいました。
原因は1月下旬のインフルエンザ。
ここで大幅に予定が狂ってしまいました。

やはり健康第一ですね。

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。