決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

効率よく仕事しよう!?

time 2016/10/31

経営指標といわれるものは、計算して求めます。
「○○比率」「時間あたり○○」などは、割り算が使われます。

「生産性を上げるため、時間あたり○○を○○円にしよう!」

指標を良くするためには、分子を増やすか、分母を減らします
ほんとうにそれでいいんでしょうか?

大変恐れ多いですが、ある指標を検証してみましょう。

「時間あたり付加価値」、求め方は、

総生産(総収益)ー控除額(労務費を除く各種費用の合計)<分子>を、
総時間 <分母>で割ります。

分子は、簡単に言えば「売上を上げろ!、経費を削れ!」ですね。
よくあるお話ですが、それはナンセンス、というのは例えばここに書いています。

売上を上げれば利益は増える?

では分母の「総時間」を減らす。

これはつまり、「効率よく仕事をして労働時間を抑える」ということです。
「総時間」ですから、例えばその部署に10人いれば、10人分の時間です。

もし、1人8時間で10人なら、80時間。
これを減らすためには、人を減らすか、各人の能力を上げる、となります。

たとえばキャベツを千切りにする仕事なら、
・10人で切るのを5人で切る。
・各人が高速で切る、両手に包丁を持って切る
などでしょうか?

能力を上げられないヤツは辞めてもらいます?
究極は1人で包丁5本ぐらい持って指標を最大化?
人を辞めさせて、機械を買えばいい?

あっ、労務費は除かれているので、人をたくさん使えばいい?

経営指標はむずかしいなー


こちらもどうぞ

借金がなかったら?(たとえば流動比率)

どう計算しているのか?

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。