決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

自計化って何だ?(その1)

time 2017/02/20

自計化って何だ?(その1)

会計業界で昔からよく言われている「自計化」
広辞苑には出ていません。

俗語ですからね。

会計事務所や会計ソフトのメーカーのHPなどを見ると「自計化」について、こんな定義付けがされています。

・企業が日々発生する営業取引の内容をご自身で記帳(会計ソフトに入力)すること

・一般的に、自社の経理処理の業務効率化のために、会計事務所の顧問先となる企業側が自社のパソコンを使用して、経理処理において必要となるデータを会計ソフトに入力していく運用方針

・「顧問先である企業が自分で会計ソフトに必要データを入力する」こと


ごくざっくり言えば「経理業務(入力のこと?)を自社で行うこと」ということのようです。

だったら「自計化」じゃなくて「自経化」じゃないのかな?なんて思ったりします。

ここで広辞苑にお出まし願います。



すると、「計理」は「経理」と同じ意味だということなので、「自計化」でも「自経化」でもいいような気がします。

経理業務とは「おさめととのえること、会計の事務」
つまり後始末なんだな、ということのように読み取れます。

後始末となると、とたんにめんどくさくなってきます。

「お客様にやってもらおう」
「会計事務所にやってもらおう」

経理業務はなんの目的も意図もなく行なえば、単なる後始末です。
ですが、目的や意図をもって会計処理をすれば、その処理はデータ化するということとなり、その先にデータ活用の道が開けてきます。

目的や意図を持ってデータを処理していれば、そのデータは宝の山になります。

会計事務所の職員も、社長も、あまりそこに気づいていません。
そうなるとそれは単なる後始末、データもどきになり、活かされないまま埋もれていってしまうのです。

そして別の資料をせっせと作る。
時間も労力も紙も無駄にしながら・・・

(つづく)





★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。