そのデータは、Aか、Iか?

事実がデータとなり、情報となる。
そして、その情報をもとに意思決定をして、新たな事実が起こる。
そして、それがまたデータに・・・

事業活動をする上で生まれてくる膨大なデータをどう扱うべきか?
日々、思いを巡らしています。

前にもこんな記事を書きました。

会計は警戒情報

会計は警戒情報

Aか?Iか?

AI(Artificial Intelligence) ではないです。

事実がデータとなったとき、そのデータはAか、Iか?
アーカイブ (Archive)行きか、インフォメーション(Information)になりえるか?
そこからインテリジェンス(Intelligence)が生まれるか?

さまざまな判断、意思決定をする上で、そこにあるデータをどう使うか?

■ ■ お知らせ ■ ■
MQ会計を実践的に学んでみませんか?
東京・MG(MQ戦略ゲーム)2日間
2023年 2月18日(土)/ 19日(日)

事実はすべてデータにはならないし、データもすべて情報にはならない

例えば神保町の交差点に、平日の昼間5分立っていたとします。
何人もの人が行き交い、何台もの車が行き交い、音や空気などものすごい量の事実があります。
これをデータにすること自体、通常はあまり意味はないでしょう。

しかし、この中から待ち合わせの人を見つける。
空車の、個人タクシーでないタクシーを拾うなど、日常的にやっています。

待ち合わせの人を見つけるための情報はわずかです。
性別、背格好、顔かたちや声。
もちろんこれだけでも、ものすごい量のデータから取捨選択しています。

人間は、見たものすべてを覚えていると言う話もありますが、おそらくそれはないと思います。
でも一部は、しばらくは、アーカイブ(蓄積情報)となっています。

「その日は曇ってたよね」

生き物はデータから何を読み取っているか

生き物の最大の目的は、生きて、子孫を残すことです。
ですから膨大な事実(データ)の中から、生きることに関係するものだけを的確に得ます。
逆に言うと危険を察知し、回避する力を持っています。
これを見誤ると、死んでしまうからです。

天候・気温の情報、食べ物の情報、敵の情報。
いずれも身を護るための警戒情報です。
変化、差分を察知して、その行動を決めます。

会社における会計情報も、次の行動を決めるための警戒情報であるべきだと思います。

MQ会計は、先を考えるためのツールになります

税理士や会計士などの専門家という方にMQ会計の話をすると、よく、決算書をMQ会計に「置き換えて」しまう方がいます。
決算書はいわばアーカイブ、記録、蓄積情報です。

MQ会計(とその思考法)はインフォメーション。
経営判断をするための、情報となりえます。
シミュレーションが「常に」できます。

MQ会計は、MQ会計表を作ることが目的ではありません。
決算書を見て、来年の予算を考えるのとは違います。
MQ会計とその思考法を理解すれば、行動を早く起こすことができます。

定期的にセミナーをしていますので、ぜひ一度、体感してみませんか?

MQ会計セミナー、開催のお知らせ

詳細、お申込みはこちらからどうぞ

ーーー

【編集後記】

骨髄バンク、ドナー登録ができないお年頃なので、ささやかですが一般寄付の登録をしました。

骨髄バンク
https://www.jmdp.or.jp/help_us/