決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

算数の問題は線分図じゃなくて、

time 2016/09/05

算数の問題は線分図じゃなくて、

中学入試の問題集からです。

<Q1>
ある品物の仕入れ値に25%の利益を見込んで定価をつけたところ、2500円になりました。
この品物の原価はいくらですか?

<Q2>
仕入れた品物に30%の利益を見込んで定価をつけました。
しかし売れないので定価の2割引にしたところ、200円の利益が出ました。
品物の仕入れ値はいくらですか?


これらの問題、線分図を使って答えを出すとされています。
そして、解説とともにこんな図が示されます。

<Q1の答え>
線分図

原価を1とすると利益の割合は0.25。
よって定価の割合は1+0.25=1.25
これが定価2500円の割合なので、原価の値段は2500円÷1.25=2000円

こんな感じです。

そしてQ2の解説は、

仕入れ値を1とすると定価は1.3となる。
売値はここから2割引した値段なので、売値の割合は、1.3×(1-0.2)=1.04
そうすると仕入れ値1との割合の差が1.04-1=0.04となり、これが200円なので、仕入れ値は200円÷0.04=5000円


せっかく算数で売上や利益、原価について学ぶのなら、私は2つ言いたい!

(その1)MQ会計ではおなじみ、ぜひこの図を使ってほしいです。
PVM

(その2)Q2でここを一番強調してほしい。

「仕入れ値に3割の利益を見込んで定価をつけても、定価から2割も引いたらどうなるか?」
「利益は1割どころかたった200円、3%になっちゃうんだよ!」
「原価の計算よりも、大事なのは利益なんだよ!」

ぜひこちらの記事もどうぞ


MQ会計って?

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。