値下げ、値上げ、値付けはむつかしい


「ビジネススーツ」という言葉が最近の自分には新鮮で・・・

値決めは経営

「値決めは経営」
京セラ稲盛和夫さんの、有名な言葉です。

経営の死命を制する、というほど重要な値決め。
真剣に決めなければなりません。

お客さんが買ってくれなければ、会社の売上はゼロ、当然利益も出ません。

もちろん、お客さんは値段だけで買うわけではないです。
品質、量、色、味・・。

いろいろな要素のバランスで、売れるか売れないかが決まるわけです。

値上げ

明日から新年度、ということで、さまざまなものが値上がりします。
値下げされるものは・・・、あまり聞きません。

値上げの多くは仕入れの原材料などの値上げ、といった外的要因が多いです。
コロナ、戦争などの影響もあります。
経営努力だけでは、カバーしきれません。

ただ、利益が取れなければ、経営は成り立ちません。
販売側の工夫、戦略が求められます。
理由はどうあれ、いかに利益を確保するか・・

一方で、値上げをしない代わりに、数や大きさ・量を減らして価格を維持する。
こんな方法もあるようです。

私はこういうのはキライです。
買った側は、なんか騙された感がありますからね。

値下げ

値上げはむつかしいですが、値下げはかんたんです。
かんたんなので、営業・販売部門はすぐ、自らやってしまいます。

(いちおう)売れるし、利益も(たぶん)出るだろうし、何よりお客さんは喜びます。
でもその結果利益が減ってしまったら、ハッパかけられるのは、営業・販売部門です。

また、一度値下げすると、次のハードルは上がってきます。
例えば100円のものを2割(20円)値下げしたけど、やっぱりこれを2割値上げして120円にする。

100円 → 80円 → 120円だとしたら、80円から120円にいくには5割増しです。
一旦値下げしても。戻せばいいというほど甘くはないですし。

値決め、特に最初の提示価格は、とても重要です。
よく吟味して、しっかり考えて、決めないとですね。

ーーー