戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

戦略MQ会計で戦略的な経営を

売上を上げると、ほんとうに利益が増える?

time 2019/10/06


(あることで、有名な絵の一つです)

都合よく解釈します

人間は、自分の都合のいいように解釈しようとします。
「人間は」でもあり、「脳は」でもあります。
この絵も、脳が勝手に整合性をつけ、人間は都合よく解釈します。

この絵を見ると、左側のマルは出っ張っているように見え、右側のマルはへこんでいるように見えます。

ではこの絵の上下を入れ替えて、つまり180度回転させます。
するとこうなります。

ちゃんと180度回していますよ。
この絵は私がパソコンで作りましたが、肝心なところ以外は少し雑に作っています。
右と左の幅が少し違っていますから、回転させる前と後では、左右の幅が違っています。

でも、回転した後の絵はどうですか?
左側のマルは出っ張っているように見え、右側のマルはへこんでいるように見えませんか?

■ 戦略MQ会計セミナー(基本編)のご案内

いろいろな思い込みが、判断を誤らせています

回転前は凹んで見えた右側のマルは、180度回転して左側に来ると出っ張って見えます。
なぜなのでしょう?

そもそもこれは平面の絵ですから、どちらのマルも平らです。
出っ張っても、へこんでもいません。
でも、左側のマルは出っ張っているように見え、右側のマルはへこんでいるように見えるのです。

ここに思い込みがあります。

人間(の脳)は、光が上から当たると思い込んでいます。
そのため、平面の絵でもこのようなグラデーションが付くと、勝手に凹凸を付けてしまいます。

良く言えば「慣れ」、悪くいえば「思い込み」です。
このことについては多くの場合そうだから、それで決め打ち、整合性を付けてしまうのです。

「売上を上げれば、利益が増える」と刷り込まれ、整合性を付けてしまう・・・

さらに怖い思い込み

売上が1000から2000に上がったとします。
利益は増えるはず・・ですよね?

でも、原価がもともと1200かかっていて、売上が倍の2000になったら原価も2400になって・・

そんなはずはないですか?

「1200のものを1000で売るわけ無いでしょっ!」

ほんとうですか?

見回すと、意外に思い込んでいること、多くないですか?

私も思い込みが多いです。
が、できるだけもとに戻して、1から考える。
当たり前を疑う。
なぜそうなるかを考えるようにしています。

ーーー
【編集後記】

日本・サモア戦、すばらしかったですね。
勝因はほかにもたくさんあると思います。

が、「勝てない」とは思い込んでいなかったと思います。
そこにも勝機はあったんでしょうね。

おいしいもの倶楽部