決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

自計化って何だ?(その2)

time 2017/02/21

昨日、自計化って何だ?(その1)でサラッと流したこと、これも意外に意識されていません。

会計業界が言っている自計化とは、「会計ソフトに入力すること」なんです。

「当たり前じゃない」

そう言われそうですが、会計ソフトに入力するためには、簿記の知識が必要です。
ないと厳しいです。
でも、借方・貸方が出てきたとたん、多くの人は気絶します。
「なくてもできる」とクラウド系のソフトもあるようですが、ちょっと無理があります。

ではなぜ、会計ソフトに入力するのか?

決算書などの財務会計に従った帳票を作成するためです。
今の御時世、手書きは大変ですから、コンピューターでやるわけです。
だから会計ソフトに入力なんです。

「財務帳票を作成するため」に「会計ソフトに入力する」んです。

だから「会計ソフト」が必要なデータのみを入力すればいいです。
それ以外は要りません。

日付、借方貸方の別、科目、金額、消費税区分、摘要ぐらいでしょうか。
要らないデータは、入力時に用意する必要がありません。

ここで売上伝票から販売数量「Q」の情報が欠落してしまうのです。
現場では常に意識される「Q」の情報が、見えなくなってしまうのです。

(つづく)

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない