戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

税理士 谷口敏文のblogー決算書は経営の役に立ちません

現金残が増えたのはなぜ?

time 2016/08/23

会計恒等式はお財布で、お風呂です。
残高と、入りと出で、お金の動きが理解できます。

お金が入ればここに書き、
スクリーンショット 2016-08-22 22.28.29

お金が減れば、ここに書きます。
スクリーンショット 2016-08-22 22.36.27

だから、昼のカレーをカード払いにすれば、お金が出ていかないので、
カード
こうなります。

そう、この会計恒等式は財布の中身、現金の動きだからです。
現金が動かなければ、記録はないんです。

でも、お昼にカード払いでカレーを食べたのは事実です。
で、これは別の帳簿(会計恒等式)に書いておくのです。

でも、難しくはありません。

会社では、こういった帳簿が複数ありますが、
すべて、この会計恒等式のしくみですから。

>>(つづく)

<<前の記事を読む

<<このシリーズを最初から読む

書いてる人

谷口敏文
(税理士 ㈱TKS 代表取締役)

決算書作りに疑問を感じていたとき、戦略MQ会計に出会う。
経営の役に立たない決算書から、経営に役立つMQ会計を広めるべく日々活動中。

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。

・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。